ヤミ金融

貸金業者の違法行為

貸金業界はピラミッド型で構成されており、一番上の階層に属するのが大手銀行系の消費者金融(カードローン)です。資本力、顧客数、取扱額、店舗数、社員数、等どの分野をとっても特出し、優良顧客を多数抱えていることで融資金の回収率の高さに反映され、健全な営業体制をほこっています。

特に低金利での融資は他の中堅以下の消費者金融では決して真似のできない分野であり、他にも数多くの金融サービスを展開しています。

ピラミッドの最下層に属する違法業者

ピラミッド

逆にピラミッドの最下層に属するのがヤミ金融です。大手や中堅の貸金業者から融資を断られた人が、最後の手段として借り入れをするのが、このヤミ金融となります。大手や中堅でも審査に通らない人が融資可能となるのですから、審査が甘いのは歴然です。

しかし、あくまでも違法業者ですので利息制限法で定められた上限金利よりも高い利息を要求されますし、支払いが滞ると大変厳しい取り立て行為を受けることになります。どこからも借りるあてのない多重債務者の弱みに付け込んだ、悪質な手口といえるでしょう。

また、違法業者の中は貸金業登録をしている業者も少なくなく、登録業者であることで多重債務者を安心させ、融資に結び付けようとする魂胆です。登録業者でありながらその実態は違法業者という意味は、つまり違法行為をしているということです。

違法な金利と違法な取り立て行為をしているのが彼らの実態です。利息制限法で規制されている上限金利よりも高い金利を請求されたなら、それは違法業者ということになります。

彼らは貸金業登録をしていることで、新聞や雑誌の広告掲載、新聞チラシの利用出来るメリットがあり、広く営業展開することが可能となるわけです。違法業者が堂々と新聞広告に掲載していることにも驚きですが、広告業者側からしてみれば貸金業登録をしているか否かで判断する以外に見極める方法がないのも事実です。

0

無登録業者

上記のような貸金業登録をしていながら違法行為をしているヤミ金融とは違い、最初から貸金業登録をせずに違法行為をしているヤミ金融こそが巷で言われている正真正銘のヤミ金融といえるかもしれません。

こういった裏業者と取り引きするのは、どこの金融業者からも借りれない末期の多重債務者や自己破産者といった特殊な人たちで占められており、一般の人がかかわることはまずないでしょう。

違法業者の存在