金融

消費者金融とは

全国津々浦々、どこの町へ行っても看板を見るのが消費者金融です。テレビCMなどによって、かつ
てのダーティなイメージも希薄し、庶民の身近な存在となって社会に浸透しています。

そんな消費者金融ですが、元の流れを汲めばサラリーマン金融で、それ以前に遡れば団地金融という
ことになります。

もっとも、今では経営者やシステムが根本的に変わっていますし、当時と今では貸金業を取り締まる
法律自体も変化していますので、当時と比較するのはあまり意味がないことかもしれません。

ご存知のように、消費者金融はその発祥の当時から無担保無保証での個人ローンを主体としてきまし
た。銀行が担保や保証人に固執し、庶民を蔑ろにしている中で、そういった無担保無保証での個人向
け融資は画期的であったと言われています。

消費者金融と銀行の根本的な違いは、銀行が顧客から預金を集め、その集めた預金を原資として貸付
しているのに対し、消費者金融は銀行のように預金業務が認められていませんので、融資をする原資
を銀行や証券会社といった金融機関からの借入によって賄っています。

当然、金融機関からお金を借りれば金利がつきますので、資金調達コストも高くついてしまいます。

ノンバンク

上述のように、銀行等の金融機関から受けた融資を原資として、顧客に貸し出す金融業者をノンバン
クと呼称します。代表的なのは、消費者金融、商工ローン、信販会社、リース会社などがノンバンク
の形態に属します。

0

銀行を凌駕した消費者金融

銀行は預金で集めたお金を融資に使えるのに対し、消費者金融は銀行から融資を受けてそれを原資と
していることを考えると、どう考えても消費者金融のほうが資金調達コストが高くなるので、不利に
なると思われるはずです。

しかしバブル崩壊以降、担保に取った動産などの焦げ付きで莫大な不良債権を抱えた銀行に対し、空
前の営業利益をあげていた消費者金融業界の対比は、今でも語り草となっています。

国の施策(血税投入)によって息を吹き返し、更には法の改正(上限金利を下げる)によって過払い
金請求等が発生したことで、今では消費者金融と銀行の立ち位置が変わってしまいましたが、当時の
ことは銀行から融資を断られた人たちにとったら溜飲が下が思いであったと思います。