消費者金融一覧

絶対借りれるキャッシング一覧

絶対に借りれると景気の良いことを言っても、実際には各個人の借入状況によって変わってきます。借金がないサラリーマンなら、確かにどの金融業者で申し込んでも絶対に借りれるはずです。しかし、現在他社からの借金がある方などは、絶対借りれるとは言い切れません。

各個人の借入状況に応じた融資先を選択することが重要なことで、身の丈にあった消費者金融を選ぶことが審査に通る最大のポイントとなります。

0

同じキャッシングでも大手銀行系のサラリーマン金融のほうが、金利も低くポイントサービスもありますのでお得です。但し、大手は借入審査が甘くありませんので、借入件数が4件以上あるような方は、審査に落とされる可能性が高くなります。

そういった多重債務者の方は、一つランクを落として準大手か中小中堅の消費者金融一覧を選びましょう。中小のキャッシング会社は大手より利息は高くなるものの、無利息ローンやおまとめローン、あるいは即日融資といった金融商品を取り扱っている業者もありますので、金融比較サイトから自分に合った業者を選ぶことが重要です。

確実に借りるためのポイント

金融会社の審査に落とされることは、精神的にも負担がかかる上に信用情報センターのデータにも影響が及んでしまいます。つまり百害あって一利なしということです。こういった悲劇を生まないためにも、確実に金融業者の借入審査を通過する必要があります。

0

毎月きちんと契約に記載された金額を支払ってくれる顧客を金融業者は求めているわけで、それには現在の収入と借金総額が審査対象となります。

0

特に現在の借入総額が年収の三分の一以上あるような方は、総量規制の対象となりますので、確実に審査に落とされてしまいます。専業主婦なども通らないでしょう。審査に通らない理由は必ず存在するのです。

 

確実に借りるためには、自分の現状(収入、借金総額)を試算して、それを消費者金融の審査基準と比較してみればいいのです。そうすれば、自分が審査に通るか否かが一目瞭然となります。審査に通る範囲で、一番条件の良いキャッシングローン会社を選ぶことで、ベストのキャッシングが可能となるでしょう。

絶対手を出してはいけない金融業者

人間、苦境にたたされたら藁をも掴むと言われています。何らかの事情に直面し、月末に支払うお金の金策に奔走した挙句、どこからも借り入れ出来なかった場合、おそらく誰もが途方に暮れてしまうと思います。

そんな時、懇切丁寧にお金を貸してくれる業者がいれば、どんな条件でもいいから借りてしまうはずです。

しかし、以下にあげる業者だけは、どんなに苦しくても回避しなくてはいけません。

  • 法定金利を上回る金利で貸付をする業者
  • 貸金業登録の番号を掲載していない業者
  • 代表電話を携帯番号にしている業者
  • クレジットカードを利用した買取屋
  • 自分ではお金を貸さずに紹介だけする紹介屋

上記にあげているのは全て違法業者です。こういったヤミ金融で借りてしまうと、後々大変な思いをすることは確実です。

借入状況に応じた融資先

前述したように、現在の借入状況に応じた融資先を選択することで、審査に通る確率がアップします。何も問題がなければ低金利の大手を選択すればいいし、大手で借りれなければ、中堅規模の消費者金融を選択しましょう。そして中堅でも借りれなければ、最後の手段が審査が甘い系の金融業者です。

但し、審査の甘い系の業者は数々の規制によってその数が激減しており、アクセスしても繋がらない場合があることを了承下さい。

銀行系

大手銀行系消費者金融

  • 対象:他社からの借金がない健全者、サラリーマン
  • 金利:低金利
  • 審査:多重債務者には厳しい
  • メリット:低金利で銀行等のATMが利用できることから利便性が高い

中堅規模

中堅規模の消費者金融

  • 対象:大手金融の審査に通らない人、借入件数4件前後
  • 金利:15.0〜18.0%
  • 審査:比較的柔軟対応
  • メリット:審査が柔軟なので少々の多重債務者でも審査に通ります。

甘い系

審査が甘い系消費者金融

  • 対象:多重債務者、中堅金融の審査に通らない人
  • 金利:上限金利一杯
  • 審査:激甘、極甘
  • メリット:多重債務者でも融資が可能

審査に通らない理由

新規のキャッシングを申し込んだものの、審査に通らない場合があります。消費者金融などの金銭賃借業者はお金を貸すのが商売であって、その商売である金貸しを自ら断るのですから、相当な理由があるものと推測されます。

相当な理由とは、簡単に言えば貸したお金が戻ってこない可能性が高いからです。不動産などの物件を担保にする融資とは異なり、個人の信用を担保にする信用ローンですから、担保とする当人の信用が低ければ当然融資は却下ということになります。

上限金利

信用が低い理由の殆どは、現在他社から借入している借金総額が多くて支払い能力がないと見なされることです。金融会社はあくまでも貸したお金がきちんと返済されるか否かで審査をしますので、返済が滞る可能性がある多重債務者の審査はより厳格になるのは当然のことでしょう。

特にメガバンク系列の消費者金融はそのような多重債務者への融資はまず実行しませんので、どうしても融資を受けたい人は、中堅以下のローン会社をあたるべきです。

といっても、中堅の消費者金融なら誰でも借りれるというわけではなく、多重債務者であれば審査に通らない業者もありますので、前もって借りれる業者を口コミ情報などで探しておくことが重要です。

また、高金利の闇金融などにも手を出すべきではありません。審査の甘い絶対借りれるキャッシング金融へ申し込めば、必ずお金が借りれるはずです。

0

女性の場合、専門のレディースローンを取り扱っている金融業者で借りるほうが、様々な特典がついてるのでメリットは高いです。

大手消費者金融などでも、専門の女性スタッフ対応のレディースキャッシングを出していますので、自分に合った金融商品を消費者金融一覧サイトなどから比較をして、選ぶことが上手な借り方です。

最終更新日 2018.10.22

キャッシングの極意